ソフトバンク光を利用する際の疑問を解決!電話によるサポートの活用方法

便利なインターネット環境は整えたいけれど、配線や設定などを自分で行うのは不安だという人も多いのではないでしょうか。そうした心配がある場合でもソフトバンク光を利用する人には、契約内容に関することから、接続や配線、設定に関することまで相談できる電話によるサポート窓口が用意されています。

この記事では具体的にどのように電話によるサポートを活用できるかを紹介します。

ソフトバンク光の概要

ソフトバンク光は、NTT東日本とNTT西日本の光ファイバー回線を使用して、ソフトバンクが提供するインターネットサービスです。ソフトバンク光を利用することで、自宅における高速で快適なインターネット環境である光インターネット接続を利用できるようになります。

また、ソフトバンク光では様々なオプションサービスが提供されているため、利用状況は個人によって違いが生じます。したがって、生じる疑問なども個人によって違う場合があるため、そうした際は、自分の疑問を的確に解決してもらえるよう、電話によるサポートを活用することがより迅速で有益な方法だと言えるでしょう。

ソフトバンク光の電話サポート

ソフトバンク光に関する相談は、ソフトバンク光の総合窓口であるサポートセンターに問い合わせることができます。電話をかけると、まず音声ガイダンスによる対応が始まるので、それに従って電話の操作を進めていくと担当のオペレーターにつながる仕組みです。

このサポートセンターは、既にソフトバンク光の契約を申し込んだ人が対象で、これから申し込みをしたいという人には別の窓口が用意されていて、そちらへの問い合わせが必要です。問い合わせは、年中無休で午前10時から午後7時まで可能です。

一方で、サポートセンターへの電話がつながりにくい場合もあるので、つながりにくい時間の電話は避けた方が、速やかな問題解決につながると言えるでしょう。仕事が休みな人が多い週末や休日などは、電話サポートの混雑が予想されます。

また、電話サポートの受付が開始される午前10時ごろの問い合わせは、平日や休日を問わず混雑していることが多い傾向があります。そのため、早急の相談でなければ、そうした時間を避けて電話すると、電話がつながるまで長時間待つ必要がありません。

さらに、混雑を避け、スムーズに問題を解決できるよう、ソフトバンク光により公表されている、「コールセンター混雑予想カレンダー」を活用することもできます。これにより、日ごろの混雑状況を知ることができるのと同時に、それ以外で混み合うと予想される日時を事前に把握することが可能です。

電話サポートの混雑時の対処法

ソフトバンク光の電話サポートには、「折り返し電話予約」というサービスがあります。これは、指定した日時に、ソフトバンク光のサポートスタッフから電話をかけてもらえるサービスです。このサービスにより、確実にオペレーターと話すことができ、また、サポートセンターの混雑時に生じる、電話がつながるまでの待ち時間がなくなると言えます。

折り返し電話予約サービスを利用する際には、ソフトバンク光に契約した際に発行されるS-IDとパスワードが必要になるので、確認できるよう事前に準備しておくとスムーズな手続きが可能となるでしょう。

電話サポートで問い合わせられること

ソフトバンク光のサポートセンターは、契約済みの人が対象であるため、サービス契約の申し込み後の開通に関することから、ソフトバンク光を既に利用している人に生じる問題など、幅広い相談が可能です。サービスの契約を申し込み終えたばかりの人は、電話サポートにより、開通工事の日程変更ができます。

また、既にソフトバンク光を利用している人は、オプションサービスの申し込みや変更を行うことができます。各種申し込みのキャンセルも電話によって対応してもらえるため、必要な場合には異なる窓口で手続きをする手間はありません。

さらに引っ越しなどに伴う機器の移転に関する手続きも可能です。せっかく高速で安定したインターネット環境をソフトバンク光によって整えても、接続や設定などが不十分だと、満足に活用できないことも考えられます。しかし、そうした際も、電話によるサポートセンターへの問い合わせで対応してもらえるので、機器の接続や設定に関して不安に感じる必要はないと言えます。

(ソフトバンク光を利用してみた!サービスの質や電話窓口の対応はどんな感じ?)

電話以外の問い合わせ方法

電話によるサポート以外にも、各種問い合わせをする方法があります。My SoftBankというサービスを通じた問い合わせや、メール、チャットによる相談が可能です。My SoftBankでは、契約内容の確認や変更、料金や請求内容の確認、オプションサービスの申し込み、ソフトバンク光のキャンペーンに関する書類の提出、機器の接続や設定方法、移転の手続きなどの問い合わせができます。

また、My SoftBankによる問い合わせは24時間365日可能です。ただ、My SoftBankの利用にも、契約時に発行されるS-IDとパスワードが必要なので、事前に確認し準備しておくともしものときにも速やかに問い合わせができると言えます。

メールによる問い合わせでは、インターネットの接続や設定、機器の配線、電話やテレビサービスの接続や設定、Yahoo!JAPAN IDやメールの設定など、主に接続や設定に関連した相談に対応していると言えます。

また、メールによる相談も24時間365日受けつけてもらえますが、返信には数日かかります。チャットによる問い合わせでは、ソフトバンク光のオペレーターにチャットで直接問い合わせることが可能です。チャットでは、新規受付時の月額の料金や工事費について教えてもらうことができます。

また、機器の接続や設定、インターネットや電話、テレビサービスが利用できないときなどのトラブル時の対処方法を問い合わせることもできます。オペレーターによる対応時間外でもPepperが問い合わせに対応してくれるため、Webやメールでの相談が難しい場合には、チャットによる問い合わせを利用するのも1つの方法です。

電話以外の問い合わせ方法では、それぞれ相談できることとできないことがあるため、事前に確認し、適した方法で問い合わせることで、スムーズに問題が解決すると言えます。電話が利用できない場合や、それほど急ぎではないときは、こうした電話以外のサポートが活用できることも知っておくと、より便利にインターネット環境を活用できるでしょう。

(ソフトバンク光の契約はクーリングオフ対象か?工事前の解約方法とは?)

まとめ

自宅のインターネット環境を高速で安定したものにするために、ソフトバンク光の利用は有益だと言えます。また、サービスを利用する際に生じる疑問や問題は、ソフトバンク光のサポートセンターに電話で問い合わせることで速やかに解決ができるので安心です。

問い合わせの際は電話が混み合う時間を避けることや、必要に応じて電話以外のサポートを活用することも、スムーズに相談するために知っておきたいポイントです。

(ソフトバンク光を契約中の人必見!サポートセンターでの問い合わせ方法や注意点は?)