ソフトバンク光を契約中の人必見!サポートセンターでの問い合わせ方法や注意点は?

光回線の契約中にオペレーターに相談したいことがあるときは、コールセンターなどに問い合わせをする人が多いでしょう。ソフトバンク光でも、契約中の人が利用できるサポートセンターを用意しています。この記事では、ソフトバンク光のサポートセンターについて解説します。

センターに対応してもらえる問い合わせ内容や利用方法、注意点などを、具体的に紹介しましょう。

ソフトバンク光のサポートセンターが受け付けている問い合わせは?

ソフトバンク光のサポートセンターでは、回線を利用している人からのいろいろな問い合わせを受け付けています。たとえば、こちらのセンターで対応してもらえるのが、設定方法に関する相談です。光回線の開通工事をして初めてインターネットに接続するときには、設定作業が必要になりますよね。

このような設定のやり方で戸惑ったときは、ソフトバンク光のサポートセンターで相談ができます。また、インターネットの使用中に突然通信が途切れたり、電話が使えなくなったりしたときにも、センターに問い合わせが可能です。

ソフトバンク光のサポートセンターでは、毎月の利用料金や請求金額、契約内容の確認に関する問い合わせなどを随時受け付けています。「今月の請求書をいち早くチェックしたい」という場合は、サポートセンターに問い合わせると情報が得られるかもしれません。

キャンペーンやオプションサービスの情報も、サポートセンターを経由して入手できます。適用条件や料金などを確認したいときにも、こういった問い合わせができれば便利ですよね。このほか、開通工事や解約手続き、引っ越しの手続きなども、サポートセンターでは受け付けています。

パソコンなどの端末に関する問い合わせは対象外

ソフトバンク光のサポートセンターは、自社の光回線に関する相談を受け付ける窓口です。プロバイダーのサービスや周辺機器に関する相談は対象外となっているため、問い合わせ内容によっては他社のコールセンターなどを紹介される可能性があります。

実際、「Yahoo! JAPAN」に関する相談などは、ソフトバンク光のサポートセンターでは受け付けていません。また、パソコンやルーター、スマートフォンといった機器の相談も、こちらのセンターでは対応してもらえないことが多いです。

ソフトバンク光を利用中にトラブルが発生したときは、問い合わせをする前に問題の原因がどこにあるのかを確認しておいたほうがよいかもしれませんね。他社のコールセンターにあらためて問い合わせをしなければならないと、時間や手間がかかります。

サポートセンターやコールセンターは混雑していることもあるため、状況を見ながら臨機応変に相談先を選びましょう。

(ソフトバンク光を利用してみた!サービスの質や電話窓口の対応はどんな感じ?)

ソフトバンク光のサポートセンターの利用方法

サポートセンターを利用するときは、内容に応じて複数の問い合わせ方法から選ぶことができます。たとえば、開通工事の後の初期設定をするときは、「チャットサポート」を利用して相談する方法や、「らくらく配線ツール」を用いる方法などがあります。

「らくらく配線ツール」は、スマホやパソコンを利用して接続設定の仕方をアニメーションで確認できるサービスです。画像を見ても今ひとつやり方がわからないときは、訪問でのサポートを依頼することもできます。このようなツールを使えば、なかなか電話がつながらないときでもスムーズに初期設定ができる可能性がありますよね。

オペレーターに直接相談をしたい場合は、「折り返し電話予約」を利用することもできます。このサービスを利用すると、予約をした日時にソフトバンク光のオペレーターから折り返しの電話がかかってきます。通話の日時を自分でコントロールできるこちらのサービスは、忙しい人や外出の予定がある人にとっても便利です。

料金を確認したい場合も、オンラインの「My SoftBank」や「チャットサポート」、「折り返し電話予約」が利用できます。

混雑状況をチェックしておくとスムーズ

混雑状況をチェックしておくことは、サポートセンターを利用するときのコツのひとつです。ソフトバンク光のサポートセンターは、曜日や時間帯によっては混雑をします。問い合わせをする人が増えると、なかなか電話がつながらなくなってしまうことがありますよね。

スムーズに問い合わせをするには、空いている曜日や時間帯をあらかじめチェックしておくのがよい方法です。ソフトバンク光の公式ホームページでは、サポートセンターの電話のつながりやすさを日付や時間帯別に紹介しています。

連絡をする前にこのような情報を見ておくと、どのような方法で問い合わせをするのがよいかが判断できるでしょう。たとえば、電話がつながりにくい日時にトラブルが発生したときは、オンラインのツールや「チャットサポート」などを利用したほうがより速く問題が解決する可能性があります。

一方、電話がつながりやすい時間帯なら、直接オペレーターに話をしたほうがスピーディーにトラブル対処ができるかもしれません。ソフトバンク光のサポートセンターに限らず、コールセンターは週明けの月曜日や土日祝日などに混雑しやすい傾向があります。

(ソフトバンク光を利用する際の疑問を解決!電話によるサポートの活用方法)

サポートセンターを利用するときの注意点は?

サポートセンターで問い合わせをする際には、個人情報を確認されることが多いです。必要な情報を用意しておかないと、電話がつながったとしても対応してもらえなくなってしまうかもしれません。問い合わせに必要な情報は、事前にしっかりと準備しておくようにしましょう。

契約している回線の電話番号や契約者の生年月日などは、問い合わせの際に必要になる可能性が高いです。また、問い合わせのときには、ソフトバンク光から発行される「S-ID」というパスワードも必要な場合があります。

「S-ID」は、開通の際にソフトバンク光から送付される「インターネットご利用開始の案内」に記載されているIDです。また、サポートセンターに電話をかけるときは、発信者番号を通知することが必要です。非通知設定をしている場合は、電話番号の前に「186」を入れてから電話をかけると自分の番号が通知されます。

「折り返し電話予約」などをするときは、忘れずに電話番号を通知するようにしましょう。

(ソフトバンク光の契約はクーリングオフ対象か?工事前の解約方法とは?)

利用方法を知っていればすぐに問い合わせができる

ソフトバンク光を利用している人は、いろいろなシーンでサポートセンターへの問い合わせが必要になることが考えられます。料金についての問い合わせなどは、できるだけ早く行ったほうがよい場合もあります。サポートセンターに対応してもらえる内容や利用方法を日頃からチェックしておけば、必要なときにすぐに問い合わせができるでしょう。